RTCの内蔵メモリアドレスマップ

OS-Wikiにも見つからなかったので、メモ代わり。

アドレスレジスタ機能備考
00秒カウンタ00h~3Bh(バイナリモード),00h~59h(BCDモード)
01アラーム時刻(秒)
02分カウンタ00h~3Bh(バイナリモード),00h~59h(BCDモード)
03アラーム時刻(分)
04時カウンタ24時間モード時
 00h~17h(バイナリモード),00h~23h(BCDモード)
12時間モード時(午前)
 01h~0Ch(バイナリモード),01h~12h(BCDモード)
12時間モード(午後)
 81h~8Ch(バイナリモード),81h~92h(BCDモード)
PCでは24時間,バイナリモード
↑どうもBCDモードの間違いらしい




05アラーム時刻(時)
06曜日1~7(1:日曜日)DOSは0~6(0:日曜日)
0701h~1Fh(バイナリモード),01h~31h(BCDモード)
0801h~0Ch(バイナリモード),01h~12h(BCDモード)
0900h~63h(バイナリモード),00h~99h(BCDモード)年の上位2桁は, 32hに格納
0AレジスタAビット7:UIP(Update In Progress)
 1:時刻更新サイクル中
 0:時刻更新完了
ビット6~4:OSn:発振回路制御
 11x:発振回路ON, 分周器OFF
 010:RTC動作開始(発振回路ON, 分周器ON)
ビット3~0:SQW信号出力
 1111:500ms
 1110:250ms
 1101:125ms
 1100:62.5ms
 1011:31.25ms
 1010:15.625ms
 1001:7.8125ms
 1000:3.9063ms
 0111:1.9532ms
 0110:0.97656ms
 0101:0.48828ms
 0100:0.24414ms
 0011:0.12207ms
 0010:7.8125ms
 0001:3.9063ms
 0000:無効





←通常は010の設定のままにすること
←PCではSQWは使用していない









←PCは通常は0110に設定



←1001と同じ扱いになる
←1000と同じ扱いになる
0BレジスタBビット7:UTI
 1:RTCバイトのユーザバッファへの転送/時刻更新割り込みクリア
 0:転送許可
ビット6:PIE(Periodic Interrupt Enable)
 1:SQW割り込み発生許可
 0:SQW割り込み発生禁止
ビット5:AIE:アラーム割り込みイネーブル
 1:許可
 0:禁止
ビット4:UIE:アップデートサイクル割り込みイネーブル
 1:許可
 0:禁止
ビット3:SQW信号出力制御
 1:出力許可
 0:出力禁止(Lレベルに固定)
ビット2:DF:データフォーマット
 1:BCD
 0:バイナリ
ビット1:HF:24時間/12時間計選択
 1:24時間計
 0:12時間計
ビット0:DSE(Daylight Saving Enable)
 1:夏時間補正を有効にする
 0:夏時間補正なし


←PCは通常は0に設定
←SQWによる定周期割り込み


←アラーム時刻レジスタと時刻レジスタが
すべて一致すると割り込みを発生する機能

←時刻レジスタ更新が完了すると割り込み
を発生する機能

PCでは使用していないため無意味


←時刻データのフォーマット指定
←0:BCDモード,1:バイナリの間違いかも知れない
PCでは通常0に設定

←PCは通常1に設定

←夏時間設定時の動作
・10月最後の日曜日の01:59:59の次が01:00:00になる
・4月最初の日曜日の01:59:59の次が03:00:00になる
0CレジスタCビット7:INTF:割り込みフラグ
 1:割り込み発生
 0:割り込み発生していない
ビット6:PF(Periodic Event Flag)
 1:SQW割り込み発生
 0:通常動作
ビット5:AF(Alarm Event Flag)
 1:アラーム割り込み発生
 0:通常動作
ビット4:UF(Update Event Flag)
 1:アップデートサイクル割り込み発生許可
 0:通常動作
ビット3~0:未使用
←レジスタCのリードによってクリアされる
←要因はPIE,AIE,UIEで個別に許可/禁止可能


←レジスタCのリードによってクリアされる


←レジスタCのリードによってクリアされる


←レジスタCのリードによってクリアされる


0DレジスタDビット7:VRT
 1:RTCバックアップ電池有効
 0:RTCバックアップ電池切れ(日付/時刻データ無効)
ビット6~0:未使用



←ACPIではビット5~0にアラーム「日」設定を要求
0E汎用SRAM自己診断情報
ビット7:RTCバックアップ電池
 1:電池切れ
 0:電池有効
ビット6:チェックサムステータス
 1:エラー
 0:正常
ビット5:構成異常
ビット4:メモリサイズ異常
ビット3:HDDコントローラ/ドライブC初期化ステータス
ビット2:時刻データ正当性
 1:無効
 0:有効
ビット1~0:未使用(予約済み)
2Eチェックサム(上位)
2Fチェックサム(下位)
32世紀情報(年の上位2桁をBCDで格納)自動桁上がりはしない


コメント欄


コメントお名前NameLink

[リロード]   [新規] [編集] [凍結] [差分] [添付]   [トップ] [一覧] [単語検索] [最終更新] [バックアップ]   [最終更新のRSS]
Last-modified: 2006/11/28 (火) 19:49:00 (3803d)